京都の風俗求人の面接で必要になるもの

風俗で働くと決めて求人サイトなどでお店を見つけたら、次に待っているのが応募と面接となります。

デリヘルやソープの面接で聞くべきこと

まず求人情報から選ぶ話になるんですが、「保証」がしっかりしている店を選ぶことを第一にするといいと思います。

賃金においても「最低保証」として働いていれば必ずもらえる保障額が設定されている所ならば、いざ入店してお客さんがあまり来ない所であっても保障額分はもらえるので、無駄骨になるということはありません。

そして面接ですが、大体は店側が細かい説明をしてくれるはずです。
むしろ大雑把で細かい話を避ける店はだめです。
その場は取り繕っておいて、そのお店で働くのはやめておきましょう。

優良店なら詳細について話してくれるとは思いますが、とにかく詳細ですからしっかりと記憶しなければいけません。
頭にその場で記憶できる自身があるならいいですが、恐らく覚える量が多いので難しいはずです。
メモ帳を忘れずに持参して、一つ一つしっかりとメモしていきましょう。

大事な稼ぎの中心である「バック」についてや、雑費について、店に来る客層やプレイの内容など、一通りのことは教えてもらえるとは思いますが、店側の人が言い忘れてしまうことなどもありますから、疑問に思ったことはどんどん聞きましょう。
質問に対して明確な答えがかえってこない店も、避けたほうが無難です。

稼ぎたいと思っている場合は客入りが多い時間帯、流行る時間帯を聞くのを忘れてはいけません。その時間を狙って働いていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ